小児科一般

お子さんの病気について、分かりやすく説明するよう心がけています。また症状に対するホームケアのポイントについてもお伝えするようにしています。ご心配なこと、分からないことがあれば、いつでもスタッフにお声をかけて下さい。

小児科一般での診療について

発熱、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、熱性けいれん(ひきつけ)などの診療を行っています。気管支炎、気管支喘息、肺炎などの呼吸器疾患や、水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜなどの伝染性疾患、皮膚炎、湿疹、あせも、とびひなどの皮膚疾患、鉄欠乏性貧血、便秘、肥満、夜尿症(おねしょ)などの慢性疾患といった、多岐にわたる小児科一般の病気を診断・治療しています。

必要な場合は、感染症迅速診断検査(溶連菌・アデノウイルス・インフルエンザウイルス・RSウイルス・ロタウイルス・マイコプラズマなど)、血液検査、尿検査などを行い、早期に診断・治療ができるよう努めています。詳しい検査が必要なときや、ご入院が必要なときは、周辺の地域連携病院へご紹介いたします。
また、小児外科や整形外科、耳鼻咽喉科、眼科等々の病気のときは、それぞれの専門医をご紹介いたします。

お子さまの具合が特に悪い場合

診療は原則として順番通りに行います。ただし、次のような症状の場合はお申し出ください。

頻回の嘔吐などでぐったりしている。
ひきつけを起こしている。またはその直後。
頭痛、腹痛が激しい。
喘息の発作等、呼吸が苦しそう。
うとうとして目の動きがおかしく、ぐったりしている。
周囲の刺激に反応しない。

その他、急を要すると思われるときは、医師及びスタッフの判断で適切に対応致します。また、このような症状のお子さまがいた場合、診療の順番が入れ替わる場合もございます。皆様のご理解をお願いいたします。

抗菌薬(抗生物質)の処方について

お子さんの急性の病気の多くはなんらかの感染症ですが、そのほとんどは「ウイルス」が原因です。ウイルスには抗菌薬は効きませんし、逆に抗菌薬によって副作用をおこしたり、からだの中で抗菌薬の効きにくい細菌(耐性菌とよびます)が繁殖して、将来、本当に抗菌薬が効いてほしいときに効かなくなる、という危険性があります。当院ではこのような理由で、抗菌薬は原則として必要と判断した場合にかぎり処方いたします。医師より抗菌薬が処方された場合は、指示された用法・用量と投与期間を守って服用してください。抗菌薬の中途半端な服用も耐性菌を作る原因となるためです。ご理解のほどよろしくお願い致します。

ご予約・ご相談はお気軽に

お子さまのことでお悩みでしたら、ゆいこどもクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。